3月9日

おはようございます。

 

花粉がたくさん飛びはじめているようで
わたしもスギ花粉をもっているので
毎日大変です。

潤いティッシュをたくさん購入しておきました。

今は鼻に優しいティッシュがいろんな種類あるみたいですね。

 

さて、わたくし事ですが
昨日ははやく帰れたので12時間いちども起きることなく寝続けることができました!

最近睡眠不足だったのでもうスッキリです!

こんなに朝の目覚めがいいことはなかなかないので
今日は気分よく1日が過ごせそうです。

しっかりと睡眠をとると体にも
たくさんいい効果があるみたいです。

たまにはゆっくり眠る日を作るのもいいものですね。

【宇宙】7つの可能性 〜その1〜

こんにちは。

あっと言う間に3月がやってきました。

どうも岸田です。

 

さてさて、早速ですが、先日非常に興味深い研究がNASAより発表されました。

興奮冷めやらぬままこのブログに早速投稿しようと思います。

 

先日2月22日。

科学誌のネイチャーにNASAの国際チームが地球から39光年離れた恒星の周りに7つの地球に似た惑星の存在を発表しました。

 

 

 

ついにキターーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!

 

 

 

これを待っていました。

いつの日にかは見つかると思っていましたが、ついに発見されましたね。

しかも39光年とまあまあ近いところに

 

NASAの発表によると、39光年離れたところに観測された恒星(自ら光を放つ星。太陽も恒星)「TRAPPIST-1」を周回する惑星が少なくとも7つ存在するとのことでした。

 

そしてこの7つの惑星の大きさは、地球の76%〜113%とさほど大差のない大きさで、そのうちの何個かの惑星には水が存在しうるとのことでした。

また、「この恒星は非常に小さく低音のため、(周回する)惑星は温暖だ。つまり、惑星の表面には液体の水分や、生命までもが存在する可能性がある」と言われているようです。

 

 

。。。

 

 

 

 

これは絶対にいる!

 

 

 

 

 

絶対にいますよ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ何の知識もない僕の勘では僕たち人間と大差のない生物が生存しているのではないかと思っています。

 

少し前に絶対に地球外生命体は存在するというブログを書いたのですが、もうこれが分かるのも時間の問題ですねw

 

実際NASAの責任者もこのように述べているようです。

「生命を育むことができる第2の地球が見つかるかどうかは、もはや問題ではない。見つかるのは時間の問題だ。」と。

 

そこに文明があるのか?

どんな生物がいるのか?

 

夢は広がりますね!!!!!!!!!

 

 

まあ、一番最初にその星に行くのは怖くていやですが、早く地球外生命体とのコミュニケーションがとりたいですねwww

 

 

 

さてでは、次回はさらにこれを掘り下げていきましょう。