早生まれ

こんにちは。

まだまだ桜も咲きそうにありません。

どうも岸田です。

 

さてさて卒業のシーズンですね。

この季節は希望と不安が入り混じった季節になりますね。

 

今年もたくさんの人が卒業していきますね。

 

そんな時にふと思いました。

日本には「早生まれ」という制度がありますよね?

 

1月1日から4月1日の間までに生まれた人のことを「早生まれ」と言いますね。

 

これで何年生まれと説明する時に学年が上か下かで迷う時がありますw

 

さあここで少し疑問に思ったことがあります。

早生まれは4月1日生まれまでです。

 

なぜ4月1日生まれだけがが早生まれに入っているのですか??

 

たとえば1999年1月1日のAさんがいるとします。

1999年4月1日生まれの人は先輩に

1999年4月2日生まれの人は同級生

2000年4月1日生まれの人も同級生

2000年4月2日生まれの人は後輩に

なるわけですね。

 

 

 

 

ややこしい!

 

なんでこんなルールになったのでしょうか?

 

 

実はこれには法律がからんでいるようです。

民法学校教育法にこのようにあるようです。

 

————————————————————————————————————————————–

⒈民法では、人が年を取るタイミングは、「誕生日当日ではなく誕生日前日の深夜12時」と規定されています。つまり、4月1日生まれの人の場合、法律上では3月31日に年を取ることになります。

⒉学校教育法では、「子女が満6才に達した翌日以降における最初の学年の初め(要するに4月1日)から小学校に行く」と定められています。

————————————————————————————————————————————–

 

つまり法律では誕生日の前日深夜12時に歳を取るので4月1日誕生日の子までが4月1日時点で満6歳の条件を満たすんですね。

 

 

 

なるほど。

 

 

つまり、誕生日の日になった瞬間に誕生日おめでとうというのは正解なんですね。。。

僕は生まれた時間に歳をとるもんだとw

 

 

 

ですが、3月31日の深夜12時と4月1日の0時って表現は一緒のような気がするのですが、法律的には表現法が違うようで違うみたいです。

まあつまりは法律だから1月1日から4月1日までが早生まれのようですw

 

 

なんかややこしい法律ですねw

 

とりあえず卒業のみなさんおめでとうございます!!!!!!

卒業シーズン

ついに卒業シーズンになりました。

どうもこんにちは。

岸田です。

 

卒業シーズンにいつも思い出すことがあります。

ジェネレーションギャップがないことを願うのですが、、、

 

卒業のときに第二ボタンを渡す(もらう)

 

こんな経験はみなさんにはありますでしょうか?

 

今は私服やブレザーで学ランでない学校も多いため、経験のない方もいらっしゃるかもしれませんが、僕は中学、高校と学ランでしたので、卒業のときは1大イベントでした。

まあ第二ボタンを渡せたかどうかは別として。。。。w

 

このイベント、なぜ第二ボタンなのでしょうか?

 

これには時代背景があるようです。

そもそも学ランは軍服からだと言われておりまして、戦争中に強制的に戦争に行かされた若者たちがもう二度と帰ってくることができないかもしれない旅立ちの日に一番大切な人に気持ちを伝える形として軍服の第二ボタンを渡していたというところからきているようです。

 

またなぜ第二ボタンなのかというのにもいくつか説があります。

単純に一番心臓に近いボタンだから。

第二ボタンだと外しても着崩れしにくいし敬礼のときには手で隠れるから。

など色々あるみたいです。

 

と書いていると青春時代を思い出してきましたwww

楽しかったあの時期。

今学生のみなさん、おもいっきり今を楽しんでくださいね^^

送別会

おはようございます。

先週、退職される先輩スタッフの
送別会がありました!

退職される先輩スタッフは
わたしの教育係をしてくれた方で

とても優しくて面白くて
めちゃくちゃ絡んできてくれて

先輩のかわいい絡みがすごく好きでした。

退職されるのはすごく寂しいですが
最後まで楽しい時間となりました!
しかもごはんも美味しくて幸せです。

先輩の作り出す空気感がすごく好きだったので、
もういなくなると思うと残念ですが

キラキラしている先輩も憧れなので
自分の道へと進んで頑張ってほしいです。

 

防災方法

こんにちは。

早く春が来て欲しいですね。

どうも岸田です。

 

さて、3.11といえば、まだ記憶にも新しい大震災が起こった日であります。

今年で6年がたちました。

まだまだ震災の痕が残っている状況です。

 

この震災を受けて、今後の災害への対策意識が一気に高まっていますね。

そこで、昔僕らが教わっていたことと、今の違いを少しあげていきたいと思います。

 

⒈地震が起こったらまず机の下へ

僕が学生の時にはこれをよく教わりました。

防災訓練でもしていました。

ですが少し認識が変わって生きているようです。

 

気象庁が示す震度階の解説でも、「震度6強以上の揺れでは、耐震性のある建物でも壊れる可能性がある」とされています。だからこそ、机の下にもぐって、揺れが収まるまで様子をみるのではなく、直ちに出入口に向かい、扉を開けて、いつでも脱出できる態勢になること。そこまでたどり着けないときはできるだけ安全なスペースに移動すること。それが正しい緊急行動の常識なのです。

日経BPnet 「机の下に隠れる」は実は…【非常識】 より引用 )

 

とあるようです。

まずは逃げ道を確保するためにも窓や扉を開け安全なスペースに逃げることが大事なようです。

 

 

⒉車を路肩に止めて逃げる

これもよく耳にしたことですが、少し違うようです。

車の運転中もそうです。一般的な防災マニュアルには「車に乗っているとき地震に遭遇したら、直ちに車を道の左側へ停車し、キーをつけたまま車を止めて、歩いて避難する」とあります。しかし、これも間違いです。全員が左側に車を止めて放置したら、消防車や救急車などの緊急車両が通行できません。こうした場合の正しい行動は、(1)前後の車に注意してスピードを落とし、左側にいったん停車する(2)車が動くようなら横道へ逸れ、駐車場か広場へ止める(3)ラジオで災害情報を収集する(4)連絡先メモを残し、車検証を持って徒歩で避難する――です。

日経BPnet 「車は路肩に止めて逃げる」は実は…【非常識】 より引用 )

 

車に乗っている場合は焦らず広いスペースを見つけ、そこに停まり情報収集をすることが大事なようです。

 

と、以前と震災への対策方法が変わってきています。

みなさんも注意してこまめに確認することが災害対策へ繋がりますので是非確認してみてください。

 

最後に震災になったときは

①身の安全の確保(逃げ道の確保、安全な場所の確保)

②電気(ブレーカー)やガスなどを消す、閉じる

③情報を収集し、安全な場所へ避難する(二次災害、三次災害を防ぐため)

 

ということが大事なようです。

起こらないが一番ですが、もしもの時に焦らないように日頃からの心がけをしておくと良いかもしれません。

【宇宙】7つの可能性 〜その2〜

こんにちは。

3月に入ったら寒いのか暑いのかよくわからなくて風邪をひく。

どうも岸田です。

 

さて先日の続きです。

NASAから地球から39光年先にある恒星「TRAPPIST-1」の周りを周回する7つの惑星が見つかり、どの惑星にも水が存在する可能性があり、その内3つには生命の存在の可能性があることが考えられると発表された。

これについてさらに色んな見解がでているようなので見ていきたいと思います。

 

実際今回の発見はトラピスタ1という恒星の周りに7つの惑星がみつかったものなのですが、実は2016年5月にはすでに3つみつかっていたようです。

さらにこの恒星のだすエネルギーから恒星に近い3つの星に生命が存在する可能性があると言われているようですがこの発表自体はそれを裏付けるものではないようなのです。。。

 

まあ確かに、何かいた!って発表ではないですもんね。

 

それで地球に似た惑星と言われてはいますが、これは大きさや質量が地球と近く、生命が存在する条件の範囲内にあるだけで、それ以外はなにもにようです。

 

どういうことかというと、

確かに地球と近い環境のように考えれますが、実はこのトラピスト1は太陽の0.08倍の大きさ(木星ぐらい)しかなく公転周期が地球時間で数日〜十数日しかないようです。

しかも、太陽系に置き換えると、発見された7つの惑星は水星よりもさらに内側に収まるほどで、これほど近いと生命にとって有害な放射線などが飛んでいる可能性があるとのことです。

そして、これらの惑星が公転と自転周期が同期している可能性があるらしく、常にトラピスト1を向いている面があり、そこはずっと昼で反対はずっと夜と少し厳しい環境の可能性もあるようです。

 

 

うわ〜

 

なんかテンションが前回と全然違う〜

 

 

 

でも、この参考にしたサイトにも載っていたんですが、

・この昼と夜の境目の環境はもしかすると非常に過ごしやすいかもしれない

・この惑星の環境に適した生物が存在するかもしれない

とか考えられるので、まだまだ希望は捨てれないですね!!!

 

でももしこの予測の環境だったとして、それに適した生物なら、少し会いたくないような生物のような気が。。。。

 

 

まあでもいずれにせよ、発見されるのが楽しみですね。

夢が広がることに間違いはありません。

 

 

新しい生命に会いたいか会いたくないかはどんなのかわかってからですねw

 

 

NASAさんよろしくお願いしますw

 

参考サイト:https://hbol.jp/130944