懐かしい写真

懐かしい写真を一枚。
2006年夏のある日、院長の両親が来院

 

 

 

 

 

 

 

院長の両親も私もシャイなのです。
顔見せは恥ずかしいので、
マジカルメーカーを利用させていただきました。

  マジカルメーカーはこちら →  http://www.magicalmaker.com/

今日は風も強く、外を歩くだけで顔まで寒い…。
そういえば、大寒に入り、今は一年で一番寒い季節ですね。

半袖真夏モードの写真を見ていると
撮影当日の2006年8月にタイムスリップしたような気分になり、
気持ちと共に身体も暖まりそうです。

 

 

兵庫県耳鼻咽喉科医会 講演会

1月20日、新神戸で開催された兵庫県耳鼻咽喉科医会の講演会に参加して来ました。

「突発性難聴診療の現況」「構音障害の臨床」の2つのタイトルの講演会でしたが、
特に構音障害については、今後、3歳児健診の際に活用できると感じました。

寒い日が続きますが、皆様どうかお身体にお気をつけ下さい。

院長 野澤 眞司
のざわ耳鼻咽喉科 http//:nozawa-clinic.jp/

おむつケーキ

いきなりですが…
2010年7月27日から約一ケ月、
受付カウンターの主役を担ってくれた「おむつケーキ」です。

みなさん、おむつケーキはご存知でしょうか?
紙おむつを筒状に束ねて、お花やリボンで装飾されています。
ウエディングケーキさながらの豪華さです!
出産前の妊婦さんを祝うベビーシャワー♥
テーブルの主役になったり、プレゼントしたり…
それがおむつケーキなのです。

創ってくれた友人は彼女です
http://ameblo.jp/angel-salon/theme2-10032067484.html#main

とある日、ご主人の転勤で東京に転居する友人Yさんを囲み、数名でランチ会をしました。
その時、朝日放送おはようあさひで、おむつケーキを取り上げていただき、
7月28日にオンエアされることを教えてもらったのです。

食材を含め、旬をとりいれることは運気をupさせると信じてやまない私は、
その場で二点制作依頼しました。
何よりタイムリー

その結果は…というと、
受付で多くの患者さまからリアクションがありました。
「これ、なあに??」
「え!?紙おむつ??」

ディスプレーひとつで
患者さまと会話が盛り上がるなんて、素敵です!
おむつケーキは横綱級でした。
ありがとう、里美さん!
日本中のプレママやママ、
マタニティ・クリニックや市民講座に
ハッピーアイテム文化が広がりますように

院長の考え方~インテリア編~

あっという間に終わった二連休でしたね。
この休みを利用して、たまりにたまったパソコン内の整理整頓をしました。
…と言いつつ、まだ終わっていません(涙)

フォトアルバムを整理中、懐かしい写真を発見!

ハッピーイエローなバラのプリザ

それぞれ優しい表情で、診察室を和ませてくれました。

この写真は開院当初のもので、
当時普及し始めたばかりの(流行りはじめた)
プリザーブドフラワー・アレンジメント5点を
飾り棚にディスプレイ。
プリザは今ではすっかり日本に定着していますね。
種類も多くなりましたし…
長持ちするとはいえ、退色が気になっていましたが、
そういった技術もグンを向上しましたし、
いろいろなテイストをTPOに合わせて楽しむことが
出来るようになったのは、嬉しいことです。

ちなみに奥に見えるのは、治療カウンター。
診察空間とも動線がつながるようになっています。
診察室には窓がないので、患者さまの閉塞感を和らげるため、
ディスプレイできるよう、飾り棚を配置した壁面にしました。
こうしたものがあると、精神的なゆとりを生んでくれるのです。
また、上下に間接照明を仕込むことによって、
光壁を演出できるようにしました。

内装に際して、
院長の基本コンセプトは
「患者さまに癒しを感じていただけるような雰囲気に」
「女性に好まれる優しい雰囲気に」でした。
その流れでインテリアコンセプトは、
ナチュラルエレガントに決定しました。

こちらは待合室壁面。
飾り棚とお揃いのブリザーブドアレンジとお花のアートフレーム。
夜の撮影なので、薄暗く写ってしまい、ごめんなさい!

当院は時折ディスプレイを変更しますが、
開院から現在までの様子を
少しずつこのブログでご紹介できたらと思います。

休日

こんにちは!
寒い日が続きますが、風邪など引かれてませんか??

この連休はどこかお出かけされた方もいらっしゃるかもしれませんが、
私はセールに行ってきました!
やはり休日はすごい人でしたが、
かわいいお洋服が値段もかわいくなってたので買ってしまいました(^_^)

みなさんも残りの休日ゆっくり過ごして下さい!

by さえ