桜の咲くまで

こんにちは。

桜が綺麗に咲いてきましたね。

どうも岸田です。

 

今年はあったかくなるのか?と思わせといて、なかなかあったかくならない日が続きました。。。

 

それで桜が満開になるまでが非常に長いですね。

今週末が満開で良い見頃なんではないでしょうか?

雨が心配ですが。。。

 

さて、そんな桜の開花なのですが、どのような仕組みになっているのでしょうか?

 

桜の花芽は花が散って、葉っぱが現れるときぐらいから始まります。

夏ごろには次の年の花芽が形成されていくみたいです。

結構早めなんですね。

この花芽の形成には夏〜秋のあったかさが必要で、このあったかい時期に花芽ができていくみたいですね。

 

そして、次に必要な条件が冬の寒さ。

この冬の寒い時期にこの芽が休眠状態になります。

この休眠状態になることがすごく大事で、冬のない暖かいところでは桜が育たないようですね。

 

この休眠を超えたあとにくる暖かい時期(春)が芽を覚ませて開花させるという仕組みのようですね。

 

 

開花までの仕組み↓

 

もう満開宣言のされている地域も多いようですが、この土日が雨予報のところが多いようですね。

この週末にタイミングを見て是非とも花見をお勧めしますw

 

今年も綺麗な桜で季節を感じていきましょう!!!

 

 

 

こんばんは。

先日、私は大阪万博公園に行って梅を見てきました。
天候もよく、梅も満開で、タイミングよく見に行けたので
ラッキーでした\( ˆoˆ)/\(ˆoˆ )/

万博公園も久しぶりに行きましたが、すごく楽しかったです♪
ただ梅のエリアしか行けてないので、
次行くときは公園全体を周ってみたいです。

桜の開花もされたことですし、お花見もしたいですね◎

しかし!!!

桜の開花と共に、ヒノキの花粉が飛びますので、
花粉症の方はしっかり対策をして過ごしましょう!

 

おはようございます。

今日からもう3月ですね。

これからどんどん暖かくなることを期待してます!

 

暖かくなったり寒くなったり繰り返しているので

体調くずさぬよう気をつけないとですね。

 

春になると桜が咲くのがたのしみです。

 

京都へ行きたくなります。

でもひとがすごく多いんですよね…

 

しかも満開にあわせて行くのもまた難しい..

すぐ散ってしまいますし。

 

今年は満開が見れますように。

 

京都1

こんばんは。

本日はポカポカしていて

とても過ごしやすい気候でした。

来週は花粉がたくさん飛ぶみたいですね。

花粉対策をしましょう(^^)

 

さてさて本日は祝日でおやすみだったので

同期3人と一緒に京都へおでかけしました。

 

阪急電車でガタンゴトン。

レトロなデザインでかわいい電車でした(^O^)

 

桜事情はというと

わたしの大好きなソメイヨシノはまだ全部つぼみでした>_<

 

京都のしだれ桜がとても綺麗なので見に行きたいのですが、

桜のいいタイミングっていうのが難しいですね。

雨風ですぐ散っちゃうので毎年ハラハラします(*_*)

 

ですがまだ3月なので桜目的ではなく、

今回は着物で食べ歩きが目的だったのです。

着物を着たのは卒業式ぶりでとても心がおどりました(^^)

今回はピンクを着たのですが、黒い着物が似合う女性になりたいなと思いました。

 

そんなこんなで食べ歩きもすごく美味しくて楽しかったです。

神社でしっかりお願い事もしてきたので

叶えられるように頑張っていきます(^^)!

 

 

桜の季節

こんにちは。

 

昨日まで寒かったと思えば今日はあったかく、また来週は寒くなるようです。

これは季節の変わり目で、体がついていきませんね。

皆さん風邪には呉々もお気をつけくださいね。

 

どうも岸田です。

 

 

 

突然ですが、

 

毎年のように、冬から春へと暖かくなってきた時に楽しみになるのが

 

 

ですよね^^

 

 

いつも春の時期になると綺麗に咲いている桜をみながら、

よく「日本に生まれてよかった〜」と思うのですが、

実は桜って原産地はヒマラヤ近郊というのをご存知でしたでしょうか?

 

僕は完全に日本の花だと思っていました。。。

 

 

日本では100円硬貨の表に桜の花が形取られていたりなど、

↑コレです

桜といえば日本というイメージがありまずが、

ヨーロッパ、シベリア、カナダやアメリカなどにも分布しており、

各国で見ることができるようです。。。

 

 

意外と桜のこと知らないなと自分で反省し調べてみると、

桜って結構種類があるんですね…笑

 

日本では5〜7種類の桜がみれるようです。

 

 

 

ごく一般的に僕たちが目にしている桜はソメイヨシノという種類が多いみたいです。

これですね。↓

 

 

それ以外に…

 

 

ヤマザクラ

 

 

 

マメザクラ

 

 

 

エドヒガン

 

 

 

チョウジザクラ

 

 

 

カンヒザクラ

 

 

 

サトザクラ

 

 

などなどがあるようです。

 

まだあるみたいなのですが、桜の種類はここらへんにしときます。。。

実際、カンヒザクラとサトザクラは区別つくのですが、

それ以外は見分けれる気がしません。(笑)

 

 

 

さて、そんな桜たちを見ることのできる春がもう直ぐやってくると思います。

 

今年の開花時期はいつぐらいなのでしょうか?

 

関西では3月25日〜26日らへんに開花予想

4月2日〜3日らへんに満開予想のようですね。

 

 

この時期には近くの公園などで桜を見ながらお酒やジュースをたしなむ花見

花見は日本の文化ですよね。

 

僕も花見が大好きで、家の近くの公園で一人花見をよくしていますw

 

 

さて、そんな花見なのですが、いつから始まったのでしょうか?

 

花見の起源とされるのは奈良時代の貴族の行事だといわれています。

花見の風習が庶民に広まっていったのは江戸時代と言われているようです。

江戸時代に最も名高かったのが忍丘で、天海大僧正によって植えられた上野恩賜公園の桜だったようです。

しかし格式の高い寛永寺で人々が浮かれ騒ぐことは許されていなかったため、享保5年(1720年)に徳川吉宗が浅草や飛鳥山に桜を植えさせ、庶民の行楽を奨励したとされています。

(Wikipediaより)

 

 

と、昔の方々の頑張りにより、今の花見の文化が日本中にあるのですね。

現在では海外にもこの花見の文化が浸透しつつあるようです。

良いことですね^^

 

桜や花見は今までに当たり前のようにありすぎて、実はしらないことがいっぱいでした。

これから花見が大好きな者として、少し桜について勉強しようと思いました。

それがこのブログを書いたきっかけです。

 

 

これを読んでくださった方が少しでも興味をもっていただければ幸いです。

 

 

今年も桜を見れるのが楽しみです。^^