ちゅうしゅうの名月

あっというまの8月が過ぎ、9月になりました。

8月がすでに恋しい。

どうも岸田です。

 

早速ではありますが、皆さん「ちゅうしゅうの名月」をご存知でしょうか?

そう十五夜の月のことを呼ぶ言葉なのですが、

(イメージです)

 

この「ちゅうしゅう」。

「中秋」それとも「仲秋」?と迷われたことはないですか??

 

先に答えをいうと「中秋の月」が正解のようです。

 

しかし仲秋という言葉もしっかりと存在するのでややこしいですよね!

 

辞書では

中秋:陰暦8月15日

仲秋:陰暦8月の異称

 

陰暦では1月〜3月(立春〜穀雨)が春、4月〜6月(立夏〜大暑)が夏、7月〜9月(立秋〜霜降)が秋、10月〜12月(立冬〜大寒)が冬となっています。

そして陰暦8月が真ん中に当たることから、陰暦7月を初秋、陰暦8月を仲秋、陰暦9月を晩秋と呼び、ここに「仲秋」が登場するのですね。

 

つまり「仲秋」は陰暦8月全体を指すため「仲秋の名月」ではなく「中秋の名月」が正解ということになるようです!!

 

勉強になりました!!!

 

月でも眺めながら団子食べたいですね!!w

この夏のカブトムシ

なんだか、最近はずっと雨でせっかくの夏が台無しです!

関東では8月1日から21日まで連続で雨が降り続けたらしいです。

晴れがほしい。

どうも岸田です。

 

さてさて、先日もカブトムシについて書きましたが、最近うちの近くにカブトムシの木を見つけました。

この夏はその木をよく観察していました。

 

それについてです。

 

カブトムシの木を見つけたのは前々からなのですが、早く夏にならないものかと待ち遠しく思っていました。

 

まずはカブトムシの木について。

カブトムシの木には大きく2種類あります。

クヌギの木

 

コナラの木

です。

 

両方ともなんとなく桜の木にも似ているので、たまに間違う方もいらっしゃいますが葉っぱと木のゴツゴツさが違うのでよくみたら見分けられます。

 

この木を見つけたらあとは夏に自然と樹液の出ているポイントを見つけるだけ!

そこにはたくさんの虫が集まってきます。

 

今回観測していた時間帯は

7:00前

12:00頃〜16:00頃

0:00頃

 

面白いことにこの時間帯によっている虫が違うんですね。

 

まずよく見ていた12:00〜16:00頃。

この時間帯はほんとうによくカナブンがいます。

求めていないのですが、ほんとうにたくさんいます。

 

次に多くみていた夜中!0:00頃。

この時間帯は小さいクワガタ(メスやコクワガタ)とG!!

うわっ!!

※写真の掲載はできません

たくさんいましたw

 

そして最後が7:00前!!

いましたいました、王道のカブトムシ!

結構大きいのがいました。やはりカブトムシは朝方の早い時間帯がいますね。

カブトムシを捕まえるときには早起きしてください。

 

 

とまあ、こんな感じで観察日記みたいなことをしていたわけです。

夏が過ぎていくのが寂しく思います。

夏も本番、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

暑いのは嫌ですが、夏の雰囲気は大好きです。

どうも岸田です。

 

さて、今日はを話題に取り上げてみたいと思います。

 

夏になると空が綺麗に見えるような気がします。

色が鮮やかになるというかなんというか。

よく空を見上げます。

 

そんなときに雲には色んなバリエーションがあります。

 

雲について少しだけ話ししたいと思います。

 

まず雲とは、、、

(くも)は、大気中にかたまって浮かぶ水滴または氷の粒(氷晶)のことを言う。地球に限らず、また高度に限らず、惑星表面の大気中に浮かぶ水滴や氷晶は雲と呼ばれる。雲を作る水滴や氷晶の1つ1つの粒を雲粒と言う。また地上が雲に覆われていると、となる。(Wikipediaより抜粋)

 

ということで、まあ皆さんもよくよく目にしているものだとは思います。

この雲にも色んな種類があるんですね。

 

雲は発生する高度によって大きく3種類に分かれます。

上層雲、中層雲、下層雲

 

さらにそれぞれに色んな種類があって、下記のような雲があります。

上層雲:巻雲、巻積雲、巻層雲

中層雲:高積雲、高層雲、乱層雲

下層雲:層積雲、積雲、層雲、乱層雲

↑わかりやすい図をお借りしました

 

この雲の中でも僕の好きな雲は積乱雲!!

(あくまでも見た目の話です)

 

夏を代表する雲で地上13,000mもの高さまで大きくなり迫力があります!

絵で描くならこの雲を選びますw

観るのは大好きなんですが、実際積乱雲があるとその後☂と雷の可能性があります。

これについては嫌いです。

 

雲をみてみると色んな種類があって、たまに空をみてみると面白いですよ^^

 

 

まぁこんなことを書きましたが一番すきなのは

雲ひとつない晴天です!!

 

夏を

花火大会

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

扇風機だけで過ごしています。

どうも岸田です。

 

さて7月も終わりに近づき、8月に入ろうとしています。

昔は8月はワクワクの月でした。

一番は夏休み!ってのが理由なのですが、僕の場合、次には花火大会がありました。

 

ワクワクしてたまらないですよね!

 

今でこそ行く機会が減りましたが、地元にいた頃には花火のあるところは全て制覇する!と変な使命感にかりたてられ、張り切っていましたw

いい思い出です。

もちろん全部行くのは無理でしたw

 

日本には全国各地にたくさんの花火大会があります。

皆さんは日本三大花火大会というものをご存知でしょうか?

 

それがこちらです↓

全国花火競技大会(秋田)

土浦全国花火競技大会(茨城)

長岡まつり大花火大会(新潟)

 

 

僕はてっきり淀川花火大会とかも入っているものだと思っていましたw

全て東日本なんですね。

 

一生のうちに全て一回は行ってみたいと思います。

 

そしてそんな花火。

前にも書いたことがあるかもしれませんが、一発一発が高いイメージがありますよね??

 

普段よく見られるものが3号玉(開花直径100m)というもので、こちらが4000〜5000円。

5号玉(開花直径150m)で1万5000円ぐらい。

 

手が届きそうですよね?

 

7号玉で3万円。

10号玉(開花直径333m)で10万〜

20号玉(開花直径450m)で80万円と後半一気に値段が上がります。

 

日本で一番大きいものが40号玉

開花直径は700mにもなり、値段は260万円ほどらしいですw

 

贅沢な一発ですね。

 

この贅沢な一発が観ることができるのが、

土浦全国花火競技大会

新潟片貝まつり大会

 

今年はこれを観に行くのが目標です!

 

一生で一度は観ておきたいですよね^^

 

ディズニー

夏も本番に向かい始めました。

寒い寒いといっていた日が懐かしいですね。

どうも岸田です。

 

さてさて、皆さんは東京ディズニーランドに行ったことはありますでしょうか??

 

夢の国ディズニーランド。

非常に楽しいですよね!

僕も何度も行っています。

 

そんなディズニーランドにまつわる雑学を入手にたのでお知らせします!

暇なときにでもみてくださいw

 

まず、みんなのアイドル、ミッキーマウス

 

よくモノマネなどでミッキーマウスのモノマネをする方もいると思いますが、このミッキーマウスの声を担当している声優さん。

青柳隆志さんという方なのですが、実は青柳さん、

大学教授なんです!

 

 

 

知ってました?

知らなかったの僕だけなんですかね??

 

 

 

 

あともう一つ。

ディズニーランドに行くときに皆さんもご利用したことがあるのではないでしょうか?

「舞浜駅」

 

この舞浜駅、当初は「ディズニーランド駅」にしようという働きがあったみたいです。

——————————————————————————————————

千葉県と浦安市、TDRを経営・運営するオリエンタルランド (OLC) が、TDLの最寄り駅である事から駅名を「ディズニーランド駅」とする事をTDRの版権を管理しているウォルト・ディズニー・カンパニーに提案した。(中略)この駅名にはJR東日本も了承していた。

しかし、ディズニーランドとは関係を持たない駅前の商業施設などに「ディズニーランド駅前店」という様な名前が付く恐れがあり、例えば、風俗店やパチンコ店などに「ディズニーランド駅前店」という名称を使用されると「夢」を売ることを事業としているディズニーランドの印象が悪くなってしまうことから、ウォルト・ディズニー・カンパニーの了承を得ることができなかった。

また、各種事件・事故、また泥酔者やホームレスなどの存在がディズニーの名前を汚す恐れがあるので好ましくないという返答があり、所在地の名をとって「舞浜駅」に変更された。

(Wikipediaより)

——————————————————————————————————

とのこと。

徹底ぶりが凄いですよね。

さすがですw

 

夢の国を提供し続けるディズニーランド。

長い間愛され、今でも多くの人が来園しているようです。

 

僕も久しぶりに行ってみようかなと思いました。

並ぶの嫌だけどw